精神病の症状に気付いたら~信頼できる医師とともに治療に励む~

心の不安を専門医に相談

ウーマン

精神病について詳しく知りたい場合は、情報サイトを利用すると便利です。こういったサイトでは、時に自己診断や悩みの相談などが出来ることがあります。精神病は他の心の疾患との境界が分かりにくいことがありますので、専門医の診察を受けることが重要です。

もっと見る

病院での判断を仰ぐ

座る男の人

早めに受診する

精神病を抱えている場合には、病院へいって治療をしてもらうことが必要になります。言動が不安定であったり、ずっとふさぎ込んでいるような状態が続くときには、家庭で長期間対処するよりも専門の医師の判断を仰ぐ方が賢明になります。精神病の人がいる場合に、周囲の人間は良い方へ考えてしまいがちになります。言動に異常を感じていても、病気であるという事態を飲みこみたくないがために、ちょっと気分が落ち込んでいるだけだというような判断をしてしまいがちになります。しかしながら、軽く考えてしまったり現実をしっかり見極めることができないことで更に症状が進んでしまうこともあるので、病院へ行くことを後回しにはしない方が良いのです。最近ではうつ病の人も多いので、精神的な疾患のために病院へかかることに抵抗が少なくなってきています。病院も訪れやすいように配慮されている場合が多いので、少しでも疑いがある場合には早めに受診するようにします。早い段階で対処することで、治療の方針も変わってきます。

病院で治療してもらう

精神病というと大げさに聞こえてしまいますが、誰もがなる可能性を秘めています。物事のとらえ方は人によって違うので、感受性の強い人が精神的にも打撃を受けやすいことになります。そのため精神的に不安定な様子がある人は、周囲の人が早めに察知してあげることで重篤な状態になることを防ぐことも可能になっています。気分がふさぎ込んでいるような様子が見られた場合には、病院を受診すれば薬などを処方してもらうこともできるのです。最近の医学は進歩しているので、外的な疾患だけではなく精神的な疾患であっても、症状を改善することができるような薬があるのです。このような薬を習慣づけて飲むことで、精神も安定してくるようになります。また自宅では対処できないほどの症状の場合には、精神病を専門とした病院に入院することもできます。入院した場合には、二十四時間ずっと病院で管理してもらうことができますので、家族も安心です。薬の飲み忘れなどもないですし、退院することができるようになるまで治療に専念できます。

症状の悪化を防ぐ

笑顔の男性

症状によっては薬が処方されますが、精神病を治療するとなればカウンセリングをきちんと行う医師を見つけることが重要になります。精神病の治療には、時間がかかることが多いです。利用しやすい病院など、通いやすいところを選ぶことも治療のためには必要になるといえます。

もっと見る

精神症状を伴う身体疾患

笑顔の男性

統合失調症、双極性障害の精神症状を伴う身体疾患を「精神病」と言います。精神科、心療内科での精神病の治療は薬物療法が主体となります。治療により精神症状が改善しても、再発することが多いのが特徴です。再発の予防には家族が精神病を理解し、患者にできる限りストレスを与えない生活を送ってもらうことが重要です。

もっと見る

心の病に関する基礎知識

ウーマン

精神病に対する理解は現状はまだ不十分です。精神病は、うつ病や認知症、その他の非常に幅広い精神疾患を含みます。精神病が増えている背景には、高齢者の増加、子供の精神疾患に対応した医療機関が少ないこと、競争化社会の浸透などがあります。

もっと見る

長期間の治療をサポート

悩む女の人

精神病と言えばかつては患者に対する偏見も少なくありませんでしたが、現在では治療可能な病気と認識されています。代表的な精神病の統合失調症は、再発を繰り返す可能性があるため長期間の治療が必要となります。薬物療法や心理社会的治療を経て、リハビリによる患者の社会復帰までを精神科ではサポートしています。

もっと見る

Copyright © 2016 精神病の症状に気付いたら~信頼できる医師とともに治療に励む~ All Rights Reserved.